《W杯》観客(カカロニ菅谷)のヘディングがうますぎwwwその凄さを考察をしてみた!

Pocket

みなさんは明日月曜日を控えながら、日本対セネガル戦を見ているでしょうか?

やはりのぼり調子の日本代表を応援したい気持ちになりますよね!

管理人も観ています!!

そんななか、【12人目のプレイヤー】である観客の好プレーが頭から離れません(笑)

 

 

セネガルのシュートをヘディングでクリアした観客www

それがこの動画です

こんな緊迫した試合の中、セネガルの強烈シュートを正面からヘディングでクリアしていますwww

ほかの観客に被害はありませんwwwすげぇwww

 

 

この観客がどれだけすごいのか?独自の考察をしてみた。

この観客の技術、精神力がどれだけすごいのか独自に考察をしてみました。

まず、シュートを放ったセネガル代表の選手は「シェイク・エンドイェ」選手、バーミンガム・シティFCに所属している選手です。

体格は190cm、その大柄な体格を生かしたMFとして活躍する選手です。

動画から検証すると彼はミドルシュートを放ちました。大きく振りかぶった長い右足から放たれる強烈なシュートです。

そして多少なり右に回転したボール、カーブがかかっているのがわかります。

この時点でお分かりですか?

この観客のすごさを…(笑)

通常ヘディングは浮き球や、クロスボールといった横からのボールに合わせて行うもの。

正面からのヘディングはあまりなく、ましてや敵のシュートを真正面からヘディングという状況はまずないでしょう。

しかし、この観客、セネガル選手の強烈でカーブもかかっているボールを真正面から、臆せず正確に他の観客に当たらぬよう完璧なタイミングと方向でヘディングを行っているのです。

この静止画を見てわかる通り、ヘディングするまで、したあとにおいてもしっかりとボールを見ています

このことからセネガル選手の強烈なミドルシュートに対しても臆していないことがうかがえます。

また、このボールにはカーブがかかっていることを考慮するといかに正確なヘディングなのかがわかります。

しかも…半裸で…

いったい何者なんだ…

 

 

次はポーランド戦!彼はやってくるのか…?

16番のマーキングをした日本サポーター。まさに12人目の選手と言えるでしょう。

今回のセネガル戦、結果としては引き分け、勝ち点1となりましたが、あのヘディングは次節への期待を膨らませるものとなります。

ポーランド戦、彼はふたたび現れるのでしょうか?

強烈なミドルシュートを臆せず正面からクリアする彼の力は、日本の勝利貢献へとつながると、管理人は直感しています。

やってくることをただただ願うのみです…

新着!サポーターの正体は芸人「カカロニ菅谷」だった!

なんとこの観客の正体は芸人さんだったらしく、お笑いカカロニの菅谷直弘さんという方らしいです!

ユニフォームが無いのは現地のセネガルファンと交換したんだとか!

急きょ16強のペインティングを施し観戦!!

次回は渋谷のスポーツバーで観戦するんだとか!!

おまけに胸の文字が「16強」→「8強」へと変化するみたいです!!

これは期待大ですね!!

Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です