【地震】急きょ出演した「五十嵐 鐵嗣雅」の画数がハンパないってwww着ていたTシャツが特定されるwww

最近の日本は台風、洪水そして地震といろいろ騒がしく不安になりますね。

先ほど起きた地震で、NHK千葉に出演した五十嵐ディレクターが話題になっています!

さっそく調べてみました!

 

五十嵐ディレクターはなぜ出演した?

五十嵐ディレクターが出演したのは2018年7月7日午後8時24分ごろ千葉県外房総沖を震源とする地震が発生したときのことです。

この時千葉の一部では震度5弱、津波などの状況を伝えるべくなにかしらの報道をしなければならなかったのですが、そのときNHK千葉にいたのはこの五十嵐 鐵嗣雅さんのみで、急きょ報道することに。

しかし、あまりにも急だった為、スーツを用意しておらず(あたりまえだw)ラフな私服でNHKの報道をおこないました!

これはしょうがない…(笑)

 

 

五十嵐ディレクターの漢字が難しすぎて、地震どころじゃない(笑)

この私服で登場してしまった五十嵐ディレクター。話題になっている理由はもう一つあり、テロップ表示された名前が難しすぎて、「どうやって読むんだ!?地震の報道が頭に入ってこない!」、と話題になりました!

このディレクターの方の名前は「五十嵐 鐵嗣雅」さん。

む…むずかしい…最後の雅ぐらいしか見かけたことないよ!!

鐵嗣雅 → てつや と読むみたいです!

すごいな!苗字三文字に名前も三文字!読み方はよく聞くけど、3-3はあまりみかけませんね!

 

 

五十嵐ディレクターの総画数がハンパないってwww

管理人は思いました。「いままで名前書くとき、いったいどれだけの苦労があったんだ!」、と。

そこで五十嵐さんの名前の総画数などをしらべてみました!

まず名前から行ってみましょう!

鐵嗣雅 → てつや の1文字目!

」は訓読みで「くろがね」、音読みは「テツ・テチ」とよみ、意味は鉄(くろがね)と同じ意味です。

金偏から始まるこの漢字、画数は21画です!

2文字目「」は、訓読みで「つぐ」、音読みで「シ」と読みます。家を継ぐ子を表す「嗣子」などという風な意味で用いられます。

画数は13画

3文字目「」は、訓読みで「みやび」、音読みで「ガ」とよみ、洗練されていて上品な事、みやびやかという意味で用いられます。

画数は先ほどと同じ13画

ここまでで相当な画数…苗字の「五十嵐」はそれぞれ、4画、2画、12画です!

ということで五十嵐 鐵嗣雅の総画数は、4+2+12+21+13+13=65画です!

すごすぎる!毎回書くのが大変ですね^^;

 

五十嵐ディレクターのTシャツはこれだ!

五十嵐ディレクターが着用していたTシャツがこちらです!

 

これでこのTシャツが爆売れしたら、五十嵐ディレクターが旋風を巻き起こしたと言っても過言ではないと思います。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です