【誤字】マヨラナ粒子をマヨナラ粒子と言い間違える人が多発(笑)どっちが正しいの??

京大を始めとする研究チームが、粒子・反粒子のようについになるような性質を持たない「マヨラナ粒子」の存在を証明することに成功しました!

今回はそれについて、そして言い間違えが多発していることについて調べてみました笑

 

 

マヨラナ粒子とは?

マヨラナ粒子とは、粒子と反粒子が同一の性質を持つ中性の粒子の呼び名です。

粒子と反粒子の区別がつかないものとして1937年に「エットーレ・マヨラナ」が理論的に存在の証明を発表しました。

80年前に予言されて以来、実証ができずにいたため「幻の粒子」と呼ばれ続けていました。

今回、京都大准教授の笠原祐一教授が中心となった研究チームが、磁性絶縁体塩化ルテニエム内を流れる熱が磁場による変化でどうなるかを観測。

その結果ある範囲の磁場において、マヨラナ粒子が存在しなければ説明がつかない現象を観測。

このことより、幻の粒子・マヨラナ粒子の存在を裏付ける証明がなされたんだとか!

マヨラナ粒子は電子などに比べ非常に安定的な物質。そのため次世代を期待される「量子化コンピュータ」の実現に不可欠なもの。

外部からの影響に強いマヨラナ粒子が人工的に産み出せるようになれば、実現する日はそう遠くありませんね!!

 

 

マヨラナ?マヨナラ?言い間違えが多発(笑)

管理人は最初見たときに、「まよらな?マヨラー的な?」なんてアホなことを思いました。

よく分からなかったのでGoogle先生に検索を依頼。

調べると学術的な論文やレポートがいっぱい出てきました!

けど私、Google先生に「マヨラナ粒子」ではなく「マヨナラ粒子」と検索していました…笑

Google先生、気を遣ってくれてありがとうm(_ _)m

ぶっちゃけ気づくまで違和感なかったよ!

ツイッター上でもこのような間違いが多発してるようで笑

間違えても結構自覚ない人多いみたいですwww

トレンドキーワードに一瞬「マヨナラ粒子」がランクインしてました笑

 

おわりに

80年前の予言が証明された事実。当時の人たちは予想もせず目も向けることもなかったことでしょう。

それほどに最近では人工知能に代表されるように科学の進歩が凄まじいですね笑

あと10年経ったらこの世はどんな姿になっているんでしょうか…不安と期待が入り混じる複雑な心境です笑

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です