台風25号コンレイ(Kong-rey)が発生。24号と同様な進路に!?名前の由来は?

台風24号が日本列島を横断するとのことで話題が持ちきりですが、それに追随する台風25号が発生したようです。

今現在どこにいるのか、規模はどのくらいなのか。

現在わかる段階でまとめてみました。

台風25号が発生

 マリアナ諸島近海を進んでいた熱帯低気圧が発達し、29日(土)15時にグアム島近海で台風25号になりました。9月の台風発生は4個目となります。

引用元:yahooニュースより

台風24号を追う形の進路になるか

複数のシミュレーションモデルの計算結果を比べると、台湾から中国大陸に向かうモデルから九州に向かって北上するモデルとばらつきがあり、正確な進路は予想しづらい状況です。同じ機関のモデルでも、最新の計算が更新されるたびに、情報が大きく変わることもあります。

引用元:yahooニュースより

台風25号の名前は”コンレイ” 由来はカンボジアの伝説の少女

台風24号がベトナムの花の名前を表す”チャーミー”に対して、

台風25号はカンボジアの伝説の少女の名前を表す”コンレイ”(Kong – rey) と名づけられたそうです。

コンレイはカンボジアの民話の話なのですが、コンレイは女鬼の村の追うの娘で、結果的に死んでしまうのですが、全体を通じるならば悪役の立ち回りの女性ですね。

伝説の少女・コンレイの話→geocitiesサイトに飛びます。

24号に次ぐ台風で不満が相次ぐ

まとめ

台風25号まとめ
・台風24号に次ぐ25号が発生
・進路は24号と同様と見込まれている
・名前の由来はカンボジアの童話

まず24号を無事に退けたいですね。さすがに連発で来ると非常に危険です。

沖縄では24号の影響がすでに出始めているようなので、警戒に越したことはないですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です