【スッキリ!】東武ワールドスクウェアが特集!6つのエリアで世界を堪能!

さてさて7月も下旬にはいろうかというこの頃。

蒸し暑さが増し冷房なしでは生活できませんね笑

今回は鬼怒川付近にある東武ワールドスクウェアを調べてみました!

 

東武ワールドスクウェアとは?

東武ワールドスクウェアとは、栃木県日光市にあるちょっと変わった施設です。

その特徴はなんといっても、世界各国に現存する世界遺産を忠実に再現している展示物!

その完成度はとても高いです!


公式ページより引用

これ、実際のものと比較すると1/25スケールで作られておりまるで別世界に来たかのよう!

管理人も行ったことありますが、なんといっても完成度が高い!の一言に尽きますね^ ^

情報番組「スッキリ」にて特集されたようですね!!

鬼怒川近くにあるので立ち寄る人が増えそうです!!

 

 

6つのエリアで世界を堪能しよう!


公式ページより引用

東武ワールドスクウェアはおもに6つのエリアに分類されています!

それぞれが世界各地のエリアとなっており、さまざまな建造物が再現されているのです!

 

現代日本ゾーン


公式ページより引用

現代日本ゾーンでは、近年建てられたばかりの建造物が展示されています!

代表的なのはやはり東京スカイツリーと東京タワーでしょう!

それぞれ1/25スケールを忠実に再現されています!

スカイツリー付近には押上駅も再現されており見る楽しみがありますね^ ^

 

アメリカゾーン


公式ページより引用

アメリカゾーンには日本と違う街並みが表現されており、なかでも自由の女神とクライスラービルは圧巻!

クライスラービルのショーウィンドウや街並みの一つには、ハリウッド映画でおなじみのあのワンシーンが再現されているんだとか!

ちっちゃい人混みの中を探し回るのも楽しみの一つですね!!

 

エジプトゾーン


公式ページより引用

エジプトといえばもちろんピラミッド!

砂漠をメインとした展示物であたかもエジプトに来たかのような感覚が得られます^ ^

砂漠を歩くラクダや人々も小さいながらに再現されているのは流石ですね!

 

ヨーロッパゾーン


公式ページより引用

街並みの美しさと独特の世界観が特徴的なヨーロッパゾーン!

サクラダファミリア、ピサの斜塔、エッフェル塔を始めとするヨーロッパを代表する建造物が見ものです!

なかでもミラノ大聖堂の付近にはあのローマの休日で有名なワンシーンも再現されているんだとか!!

本当に小さいですから目を凝らして見ないと見つかりませんね^ ^

 

 

アジアゾーン

公式ページより引用

アジアゾーンでは中国の万里の長城を始めとする数々の遺産が再現されています!

台北101のような近代的なものもあれば、アンコール・ワットのような歴史的建造物も展示されてるみたいです!

日本人の我々としては親近感のわくエリアですね!

 

 

日本ゾーン

先ほどの現代日本ゾーンとは違い、日本に現存する歴史的建造物をメインに展示されているゾーンです!

京都の清水寺、金閣・銀閣を始めとするものや過去の古民家を再現した街並み、長崎のグラバー邸などなど幅広く取り扱ってるようです!

なかにはSLが小型の模型で走っているコーナーもあり電車好きにはたまりません!!

 

東武ワールドスクウェアへのアクセス

東京方面からであれば、新宿駅から鬼怒川温泉駅直通の専用列車で2時間ほどらしいですね。

管理人がオススメするのは、鬼怒川温泉旅行のついでに立ち寄るのがコスパ的にも場所的にも良いと思います!

 

東武ワールドスクウェアの料金

大人:2800円 子供1400円

営業時間

夏季(3/20~11/30) AM9:00~PM5:00

冬季(12/1~3/19) AM9:30~PM4:00

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です