AQUOS zero のメリットや新機能は?発売日はいつ?価格はいくら?ソフトバンクが独占販売でau,docomoは無い?iPhone Xsとの比較は?

SHARPが10月3日12時頃に新たなスマートフォンの冬モデルを発表しました。

新機種は「AQUOS zero」という名前で発表されたので、それについて独自に調べてみました。

シャープが AQUOS zero を発表

シャープは、新型Androidスマートフォン「AQUOS zero」を2018年冬に発売します。

大阪府と三重県で生産した、6.2インチ 2992 x 1440解像度の自社製有機ELディスプレイ(OLED)を搭載。重さは146gで、6インチ以上・電池容量3000mAh以上のスマホでは世界最軽量としています。

引用元:engadget

SHARP(シャープ)が10月3日、2018年最新の冬モデルとして”AQUOS zero”を発表しました。

全画面表示のモデルは従来のAQUOSスマートフォンを一新し、さらに高性能なモデルとなっているようです。

AQUOS zeroの新機能やメリットは?

AQUOS zeroはいったいどのような新機能、メリットがあるのでしょうか?

簡単にまとめてみました。

AQUOS zeroの新機能やメリット

・最軽量にもかかわらず、最重量なみのハイスペック

・”Dolby”使用の高画質,高音質

・ボタンレスの全画面モデル

・充電しながらでも発熱性が低い

・指がかかりやすいホールド性の高い形状

注目すべきは最軽量にもかかわらず、最重量なみのハイスペックという点でしょう。

最軽量でハイスペック

特徴は、6.2インチの大画面ながら146gという軽さです。4.7インチのiPhone 8と同じ重さで、この実現にはバックライトが不要で薄型・軽量化に有利な有機ELディスプレイのほか、側面にアルミニウムに比べて軽量なマグネシウム合金を、背面に軽量・高強度なアラミド繊維をそれぞれ採用したことも貢献しています。

引用元:engadget

既存のスマートフォンに比べて最軽量ながらも重量級のスペックがあることを示していますね。

充電中の発熱を抑える

培った放熱技術に加えて、AQUOS初のパラレル充電を搭載。2つの充電ICで発熱源を分散し、充電時の発熱を抑えるので、充電しながらでも思う存分ゲームや動画などのコンテンツを楽しめます。

引用元:AQUOS zero公式サイト

従来は充電ICというのは一台にひとつ。それを二つに分けることで熱源を分散させたのは画期的でしょう。

そのほかにも様々な工夫を凝らしているようですね。→AQUOS zero公式サイト

AQUOS zeroとiPhone Xsの比較

先日発売された”iPhone Xs”との比較表を作ってみました。

AQUOS zero と iPhone Xs の比較表
機種 サイズ 重量 バッテリー容量
AQUOS zero 6.2インチ 146g 3,130mAh
iPhone Xs 5.8インチ 174g 2,658mAh

画面のサイズはiPhone Xsよりも大きく、それでいて約30gほど軽いというのは魅力的でしょう。

さらにはバッテリー容量も高いというので、使い勝手がよい印象を受けます。

AQUOS zeroの発売日はいつ?価格は?

10月3日に発表された AQUOS zero ですが、現在発売日・価格ともに公式発表がされていません。

唯一わかるのは今年の冬モデルで、冬に販売するということ。

今まで発表されてきた冬モデルから考えて、早くて12月上旬、有力なのが2019年1月以降という可能性が高いです。

ソフトバンクが独占販売(2018年10月11日更新)

AQUOS zero は国内でソフトバンクからの独占販売であることがわかりました。

ソフトバンクは、シャープ製のAndroidスマートフォン「AQUOS zero」を2018年冬モデルとして12月上旬以降に発売する。「AQUOS zero」はソフトバンクだけで取り扱われるという。現時点では、価格はまだ未定とのこと。

引用元:ケータイWatch

他社のau,docomoなどからはAQUOS zeroを取り扱う情報は無く、現段階ではソフトバンクが独占して販売を行う予定だそうです。

ツイッターの反応は?

実際にデモ機に触った人もいるようですね。

「軽かった」という声が多数あるようです。

まとめ

発売日、価格などが公式発表されましたら随時更新していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です