ブルーライトで失明はデマ?PCメガネは意味がない?米国眼科学会が出した発表とは?

ブルーライトが目を傷めるという科学的根拠がないことが判明したようですね。

アメリカの学会が発表したようです。

今回は独自にそれらをまとめてみました。

ブルーライトは視力を低下させない、と学会から発表

米国眼科学会(AAO)によると、パソコンやスマートフォンなどの電子スクリーンにより発生する「ブルーライト」が人々の視力を低下の影響にはならない、とのことです。

Blue light from electronic screens is not making you blind. A recently released study has been creating both concern in the public and alarmist headlines from news outlets worldwide. But experts are cautioning that the news reports are leaping to unfounded conclusions about the potential effects of blue light on the eye.

引用元:米国眼科学会(AAO)

AAOは近年のニュースにおいて、ブルーライトが失明を誘発させるとの誇大広告について根拠のない理論であることを警告しているようです。

AAOによる研究結果とは?

米国眼科学会によると、

The experiments do not mimic what happens in live eyes.

・実際に生きている目を使わずに、(要するに人体実験ではなく)ブルーライトによる影響を調べた。

ということ。

また、

Retinal is toxic to some cells whether or not it’s exposed to blue light. Live retina cells have proteins that can protect them from these possibly toxic effects.

網膜は、ブルーライトに曝されているか否かに関わらず、いくつかの細胞にとって有毒であるが、生存する網膜細胞はそれらから身を守るたんぱく質をもつ。

ということ。

Other cells that were also exposed to retinal and blue light by the investigators would not be exposed to blue light in the body. Blue light only reaches the skin and the eyes. It cannot have any effect deeper in the body.

研究者によって網膜(レチナールという物質)および青色光にも暴露された他の細胞は、影響を受けないであろう。青い光は皮膚と目だけに届きます。目深い影響を与えることはできません。

ちょっと不明な点がいくつかあります…申し訳ございません。

以上は、米国眼科学会(AAO)から引用し、和訳はGoogle翻訳を用い、一部修正しました。

要するにどういうこと?

There is evidence that blue light can interfere with humans’ circadian rhythms, making it harder to fall asleep. For some people, it can be a good idea to limit screen time before bed. Or to filter out blue light from screens before bedtime.

Spending too much time looking at a screen can keep people from blinking as often as they should and from focusing on things at different locations. This can make the eyes feel dry, gritty, tired or strained. The simple solution is to look at least 20 feet away, for 20 seconds, every 20 minutes. Ophthalmologists call this the ‘20-20-20’ rule.

米国眼科学会は、

・ブルーライトは確かに眠りにくくなるという根拠がある

・長時間画面を見続けると、別のものに集中できなくなる。これにより、目の乾燥、疲れ、緊張などがあげられる。

これらに対して、

・眠る前にスクリーンを見ないようにすること

・20フィート(約6.1m)離れ、20秒間、20分ごとに見ること

という対策を挙げています。

二番目はすごく非現実的ですが、テレビを見るときは離れてみてね、時間を決めてね、ということでしょう。

PCメガネは不要?

ブルーライトカットを売りにしている”PCメガネ”。

これはいらないんじゃないか?ということになりますよね。

結論から言えば、どちらでもよい、ですね。

先ほどの米国眼科学会による研究結果では

・ブルーライトは視力を低下させる要因にはならない

というものでした。しかし、

・ブルーライトによる睡眠障害、疲れ、目の乾燥は生じる

ということは認めていました。

そのため、PCメガネは疲れにくくすることができますよ、ということでしょう。

別にPCメガネが全くの無意味なものではないということがわかるかと思います。

ツイッターの反応は?

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です