神戸文化ホールの天井ボードが落下。復旧はいつ?予定されているイベントは?

Pocket

平成30年10月21日に神戸文化センターの天井が破損し落下物があったとの報告がありました。

それにより復旧工事が行われる様子。

予定されていたイベントや復旧の日時などを独自に調べてまとめてみました。

神戸文化ホールで天井ボードが落下

神戸市にある神戸文化ホールにて10月21日に天井ボードが落下していることが確認されました。

天井ボードは化粧合板(けしょうごうはん)という素材で、見栄えがよく低コストなのでよく内装に用いられる木質の材料です。

落下場所

引用元:神戸市役所

この化粧合板の大きさは縦1.1メートル、幅40センチ、重さは約3キロほどあり、高さ4.3メートルの天井から落下したものとわかっています。


ストリートビューより

落下したのは大ホールで2階席まであり2043個の座席が配置されており、神戸文化ホールの中では一番大気ホールです。

神戸文化ホールの復旧予定

この落下により神戸市は緊急の点検と復旧工事を行うこととしています。

現在、大ホールのみを休館する事としています。

その期間は平成30年10月23日(火)から3,4週間とのこと。

その他の中ホールや小ホール、練習室などは通常通り利用可能とのことです。

休館期間はまだ確定していないようで、見積もりでも3,4週間とのことなので復旧完了するのはそのあたりでしょう。

神戸文化ホールでのイベントは?

大ホールで行われる近々のイベントを挙げてみると

・10月27日(土)和太鼓松村組 神戸公演 郷天の碧
・10月28日(日)チェコスロバキア独立100周年記念「我が祖国」特別演奏
・11月4日(木)兵庫県高等学校文化連盟文化祭 吹奏楽部門
・11月8日(日)フェニックスフィルハーモニックオーケストラ 第11回演奏会
・11月23日(金),24日(土)しまじろうコンサート「サンタのくにクリスマスキャンドル」

があがります。

現段階ではまだそれぞれのイベントがどうなるのかの発表はありません。

しかし10月23日に行われた「改正法人税法等説明会・消費税軽減税率制度説明会」は大ホールで開催予定のところ急きょ中ホールでの開催になりました。

同様に今後大ホールでのイベントは復旧作業中は中ホールへ移行して開催する可能性が高いです。

神戸文化センターの公式ツイッターもあるので、いち早い情報をキャッチするにはこちらを参考するのが良いですね。

まとめ

人が集まっていない深夜の時間帯に発見できたのは不幸中の幸いといったところですね。

けが人がでなくてなによりです。

情報が更新され次第随時更新していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Pocket

あわせて読みたい