【大船渡】佐々木朗希(ろうき)のプロフィール!163キロは誤計測!?スカウトを断り地元へ?最速157キロ!

高校野球は夏を過ぎるとすっかり静かになってしまいますね。

しかしもう次の甲子園への戦いは始まっているようです。各地で秋季大会が行われています。

岩手県秋季大会において、163km/hが表示されることが起こったようです。

さっそく調べてみました!

大船渡高校2年 佐々木朗希のプロフィール

岩手県高校野球秋季大会が行われており、9月16日(日)に大船渡高校と盛岡三高との試合が行われました。

そこで一躍有名になったのが大船渡高校2年生の佐々木朗希選手!

プロフィールを簡単にまとめてみました!

名前 佐々木 朗希 (ささき ろうき)
生年月日 2001年11月3日
年齢 16歳(2018年9月現在)
出身 岩手県陸前高田
身長 189cm
ポジション 投手
投打 右投げ右打ち
出身中学 大船渡市立第一中学校
最高球速 157km/h

となっているようです。

野球を始めたのは小学校3年生のころ。

2011年3月に東日本大震災の被害を受けたため、避難生活を送った経験もあるようです。

現在は大船渡高校で野球を続けているようです^^

岩手県秋季大会 大船渡 対 盛岡三 にて157キロをマーク!

2018年9月16日、この日は大船渡高校と盛岡三高との秋季大会の試合の日。

佐々木朗希選手は先発投手として登板しました。

一回裏、ピンチを招きつつも自己最速となる157キロを計測!

ちなみにまだ2年生です…かの大谷翔平選手は3年生の夏の大会で160km/hを記録しましたね!

大谷翔平選手が2年生の時の最高球速は151km/hと言われていますので、彼がどれだけの逸材化がわかりますね…

現地の動画がないのが非常に残念ですが、彼ほどの選手ならば来年の春には注目選手として名をはせているでしょう!

163km/hを記録!?その真偽は?

同日の試合で、2回裏に佐々木朗希選手が投じた一球が電光掲示板にて「163km/h」と表示されました!

この表示に観客たちのどよめきが起き、ざわついたようで…

実際のところ、本当に163km/hも出ていたのでしょうか?

2回裏には、誤表示ではあるが、球場表示で163キロ。変化球だったため、超満員の観客からは「こりゃあ、うそだろ」。157キロ同様に、どよめきが起こった。
引用元:日刊スポーツ

どうやら日刊スポーツによると、誤表示ではあるという報道がされているため、実際に163km/hは誤表示である可能性は高いようです。

しかし、佐々木朗希選手はこの試合を通じて150キロ台後半を連発していたそうで…

実際には4回にも160キロ越えを計測していたらしいのですが、常時150キロ後半を出し続ける選手ならばもしかしたら誤表示ではない可能性は大いにあります。

実際に大谷翔平選手が160キロを出した時も、「そんなに出るはずがない」という声が絶えませんでした…

そもそも2年生で150キロ後半を出す時点でもう十分な気がしますwww来春が楽しみですね^^

佐々木朗希は強豪私立からのスカウトを断った!?

佐々木朗希選手は実は中学校のころより様々な強豪私立からスカウトの声がかかっていたようです!

どこの高校かはわかりませんが、中学校の頃すでに最速141km/h。

注目しない理由がありません。

しかし、佐々木選手が進学したのは地元・岩手の県立大船渡高校。

その理由が「地元の同級生と一緒に野球がやりたいから」ということなんだとか。

地元への強いこだわりがあるようですね^^

今年県立ながらも決勝まで進めた秋田県代表の金足農業高校のような感じになれるのでしょうか!?

今からでも来年がものすごく楽しみですね!

まとめ

佐々木朗希のまとめ

・岩手県立大船渡高校2年のエース

・9月16日に最速157km/hを計測!

・163km/hも表示されたが、ご計測の可能性が高い

・強豪私立の誘いを断り、地元で野球をする決意をした!

高校野球って年々レベルが上がってきているような気がします…

10数年前まで150キロ超える投手なんてプロにいたらすごい!くらいでしたから…

来年の甲子園が今からでもものすごく楽しみです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です