両毛線で踏切故障。原因はなに?場所はどこ?遮断機故障後、人が立ち入りさらに混雑に。

Pocket

2018年10月12日(金)の午前に両毛線における踏切が故障したようです。

それについて独自に調べまとめてみました。

両毛線で踏切故障

12日午前に両毛線における踏切設備が故障する事故がありました。この影響で、

・上越線(高崎~水上)
・両毛線
・高崎線
・五妻線

においてダイヤの乱れが発生しているようです。

 

場所はどこ?

この事故は両毛線の井野~新前橋での踏切故障のようです。

現場の画像を調べてみましたが、見つかりませんでした。

井野~新前橋館には6つの踏切があります。

詳しいことがわかり次第随時更新していきます。

原因は?

両毛線で起きたとされていますが、同線に上越線も含まれています。

先ほど示した区間における踏切設備の破損はトラックによるものだそうです。

というのも遮断機が実際に折れてしまったとのこと。

トラックが踏切設備を破損

一時的に踏切が渡れなくなる

待ちきれなかった通行人が無視して突っ切ってしまう

線路内に人が立ち入ってしまったためさらに遅れが。

という流れみたいですね。

一部アナウンスでは複数の遮断機が故障との情報もあります。トラック一台が一つの踏切において複数の遮断機を折ってしまったということでしょう。

両毛線自体遅延の連絡等も遅かったため通学・通勤に大きな影響を与えています。

現在の影響は?

両毛線はこの事故のため高崎〜小山の上下線の一部列車に1時間以上
の大幅な遅れと運休が発生しているよう。

また高崎線は、高崎~上野の上り線にて一部の列車に40分以上の遅れと運休が発生しています。

上越線、吾妻線はともに10~20分程度のダイヤの乱れが発生しています。

まとめ

情報を調べてみましたが、原因は分かったもののどのように壊れたかまではわかりませんでした。

随時更新していきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Pocket

あわせて読みたい